お客様を送り届ける業務

タクシードライバー年収

誰でも高収入可能

近年のタクシードライバーという職業は、人材不足ということもあって意外に高年収としている会社も多く存在しています。日本人が仕事で稼ぐ平均年収は300万円台が非常に多くなっていますが、タクシードライバーという職業の平均年収では400万円前後と高水準です。もちろん、地方や都会での年収に差が生じるのは確かですが、場合によっては500万円や600万円といった驚きの年収を稼ぐ方もいます。この年収に直結しているのが歩合給で、これはタクシー会社によって歩率は異なるのも事実です。そして、タクシードライバーの給料では基本給に歩合給と賞与が加わる賃金方式と、売り上げから歩合率を掛け合わせるだけの完全歩合制、基本給と歩合給、賞与すべてが加わる賃金方式の3つがあります。頑張った分が給与と年収に大きく反映するのは完全歩合制で、経験と実績を積めば積むほど稼げる額が大きく比例していきます。この歩合給ですが、タクシードライバーの売り上げから会社の取り分として平均50%〜60%程度が一般的です。そのため、タクシードライバーが受け取る報酬は40%〜50%となりますが、もし自分の力で今後大きく稼ぎたいという方には、歩合率が65%や70%と設定している会社を選ぶ方法もあります。安定した年収を得たいという方には、完全歩合制を選ぶのではなく基本給と歩合給、賞与を組み合わせた賃金の設定している会社もおすすめです。このタクシードライバーという仕事は60歳を過ぎてもできる仕事で、時には70歳でもできる仕事です。また、女性のタクシードライバーでもこれだけの年収を稼ぐことができるという大きな魅力を兼ね備えているので、新たに就職を考えている方は十分に検討してみましょう。

Copyright© 2018 ドライバー求人でのマナーを知ろう【情報収集で隈なくチェック】 All Rights Reserved.